次世代の英語・・・と言って10ヶ月(しろめ

次世代の子どもたちに、時代に即した英語教育を・・・

私も勉強しなきゃマズいわ・・・

なんて記事を書いてから、はや10ヶ月

こうやって時間は過ぎていくのです(しろめ

 

この10ヶ月の間に、毎日1時間でも何か続けていたら、きっと大きく変わったのだろう・・・なんて後悔が人を襲うのです

 

こうやって人間は、どれほどの後悔を背負いながら生きていることか

 

時というのは、これほどにも無情なのである

 

 

こんな話をしたいのではない!!

 

10か月前に書いた記事
次世代の子どもに英語教えるのムズイで登場した生徒

小6の女の子は、部活との両立が難しいのと、ご両親の仕事が忙しく送り迎え不可ということで退塾してしまった

高1男子は、当たり前だが高2になった
あれから英語の感覚が戻り、他教科も成績優秀、商業科コースで上位1,2をキープしており、推薦で大学が決まるのはほぼ確実

 

問題は後者である

 

彼は受験英語が必要ない

今のところ、最低限の文法は練習しよう、知っておこうってことで
仮定法やら分詞構文をやっている

確かに、これらを知らないと一定レベルの英文は読めないと思う

 

しかし、である

 

私的な感覚で言うと

たぶん、これ以上、必要ない気がする

 

仮に文法を続けたとしても、プライオリティは高くない

 

彼に必要なのは、問題文じゃなくて、ネイティブが読む英文

ネイティブが発する言葉、それに対する返答の仕方

 

 

うむ、これから、彼の授業どうしよう((

 

もう大学の過去問とか読ませても
あんまり意味ない気がするんだ

大学受験しねぇし、なによりつまんねぇし

 

今週の授業は、一応
外国のチョコスウィーツレシピ本
にチャレンジしようってコトになってます

 

 

私の、自分の勉強、どうするの((

 

わざわざ見出しつけて強調しなくてもいいじゃんね

そんな気分なんですよ

 

私が今、やろうかと迷っているのは

この2つ

 

 

本屋さんでよく見る、例の多読多聴マガジンです

年間購読だと、2ヶ月ごとにコレが届いて9,000円いかないくらい・・・だったんじゃないかな・・・

コスト的なこと考えるとこっちですね

ただ、やり方もプランニングも、全部自分でやらなきゃダメなんですよね・・・そりゃコスト抑える分、そうなるわ

それに、量があるわけでは無いから
本格的にやるとすると他教材が
どっちにしろ
必要になりそうな気がする

多読多聴って、これ自体がサブ的な感じなのかなー

うーん

 

 

もう一方はこれ!


語学の通信教育の大御所ですん・・・!

私、以前この「1000時間ヒアリングマラソン」受講経験ありなのですwww

 

もちろん完走できませんでした\(^q^)/

 

そんなわけで、リベンジしたい感もあったりする((

それに、金額分だけ

・量
・プランニング
・細かいやり方の指示

が、しっかりついてくる

 

講座ごとにちゃんとレベル分けもされてるしなぁ・・・

多読の方は、めっちゃ簡単な初学者・入門者用も含まれてるからなぁ

 

 

・・・ってブログ書きながら調べながらやってたら

多読多聴マガジンを出版してるコスモピアも、通信教育あるわww

 

 

2017年11月に、「やらなきゃ!!!」って思って

何もしなかったから、この2018年9月の今があるんだと思う

 

今やらないと、また1年後の同じ時期に
同じことを書く羽目になりそう・・・

 

動くなら、今かも知れない

今動くから、来年のスタートが切れるのかも知れない

 

「年が明けたら」が無駄なのは
もう知ってるじゃ無いか・・・!!!

 

(戒め)

 

 

今後の動き(目標)

 

まずは、アルクと多読多聴をもっと調べなきゃって感じです

多読っつか、コスモピアの通信教育を、かなぁ

 

でも、なんつぅか、

よく知ってて完成度が高いアルクに気持ちが傾いていますw

 

土日でゆっくり調べて、ちょっとまとめてみようと思います!!

 

今年中に動くぞー!!

 

コメントを残す