ターゲットと鉄壁、使いやすいのは?どっちも試した私の感想

個人で私塾をやってます

「自分が受験するため」ではなく
「生徒に最適解を提供するため」に

超メジャードコロのターゲット1900鉄壁
どっちも一通り使ってみました

違いとか、使いやすさとか、簡単にまとめてみます!!

 

受験生に大きく響きそうな「違い」

 

厚みとか、単語量とか、字の大きさとか、
んなこたぁ、どーでも良い

ぱっと見の感想なんて、見りゃ誰でも分かるんだから

 

受験生にとって、大事なのは

実際、使った人の、使い勝手の違い、ですよね!!

 

いきます

 

①自動詞・他動詞の表記、有り無し

 

・ターゲット→ナシ
・鉄壁→アリ

 

夏も過ぎれば、構造等が身についてきて
それほど意識せずに問題解けるようになると思いますが・・・

 

「さぁ!これから受験だ!!
単語もがんばるぞ・・・!!!」

 

くらいの、夏前までは

意外と「品詞」の存在感がでかい
間違いない

 

前置詞の目的語になったときの動名詞
分詞として補語になったときの動詞

他動詞なら目的語が来る

 

慣れればなんてことないのですが(言い切る)

最初はしっかり、「自動詞」「他動詞」を
意識すべきだと思います

このあたりをおろそかにすると
後々、ボディーブローみたいに効いてくるで・・・

 

ターゲットも、もちろん
日本語の意味で「他動詞っぽいね・・・」と分かるんだけど
いや、明らかに「他動詞風」の日本語なんだけど

最初は、私もあんまり影響ないだろうと思ったけど

実際、表記してあるのとないのとでは、

つまり、意識するのとしないのとでは、

そのときの納得感とか記憶の残り方とか
やっぱり、違う

 

ターゲットは表記がないので

「・・・あれ?コレ自動詞か?そうだっけ?」

と、コンマ何秒か、止まる

 

それが何度か重なると、イラッとなる

 

ターゲットの構成が、各section
・動詞エリア
・名詞エリア
・形容詞エリア
・その他エリア

と、なっているせいだ

 

その他エリアに至っては、副詞か接続詞かすらも表記がない

 

思うに、ターゲットは、
とにかく、つべこべ言わずに、
1単語1意味を徹底して、とにかく覚えろ!!
・・・という、姿勢

ある意味、正しい

 

人の集中力も気力も時間も
全てに限りがあるのは事実

徹底的に、必要と思われる部分もそぎ落として

「意味を覚える」

ここに特化した単語帳だから

あえて品詞別に並べてあるのも、そのためだろう

 

一方、鉄壁
「関連したモノを集める」構成になっている

確かに、一見遠回りだけど、覚えやすいのは事実

関連した単語がまとめて載っているので
品詞はバラバラ

なので、各単語にしっかり「品詞」が表記してある

モチロン、自動詞・他動詞も

1単語1意味、「『知らない』を潰す」というよりは

大変かもしれないけど、同時並行で
必要なモノをしっかり身につけていこう

・・・っていう作りになっています

 

どっちが、良い悪い、じゃない

 

キミが必要としているモノによって
合う合わないは、違う、ということ

 

短期集中、単語の弱さを自覚している
とにかく、知らない単語を減らしたい

そういうことなら、ターゲットの方が良い

徹底してそぎ落としたターゲットは、多分、即効性がある

単語は周回がキモだが、
周回しやすいのは、断然、ターゲット

 

単語がそれほどウィークポイントでない
時間がかかっても、しっかり固めたい
それに耐えうる自信がある、いや、耐える

それなら、絶対、鉄壁

例え単語帳でも、周回した後
結果的に多くのことが定着するのは、断然、鉄壁

 

キミが、今、必要としているモノ
目指すゴール、はたまた性格

合うモノを選ぶのが一番

 

言うまでもないけど、確かに鉄壁の方が内容詰まってるけど

周回できない「鉄壁」使用者と
周回できる「ターゲット」使用者では

後者の方が断然有利だからね

 

「オレ、東大目指すから、やっぱ鉄壁でしょ?」
「上位校狙うから、『鉄緑会 鉄壁』の一択ね」
「ターゲット持つより鉄壁のが、マウントとれるんじゃね?」

バカなマネ、やめてね

意識では分かっていても
無意識で、こんなくだらない理由で選ぶ子、実際いるから

 

ってか、ホントにいるから、私もびっくりしたんだから

 

②アクセント表記、受験的には鉄壁に軍配

すごいぞ

私は、この「アクセント」で
受験特化の鉄壁の狙いに感服した

 

第一アクセント「しか」載せてない

 

確かに、試験問題には、第一アクセントしか、でないwww

 

正確であることが、全て正義ではないのだね笑

なるほどねー笑

 

アクセントが1箇所しか書いてないから、
確かに、そこしか見ないし、そこしか意識しない

「あれ?どっちやっけ?どっちもイケるんちゃう!?」

の、迷いが減るかも知れないwwww

 

ちなみに、ターゲットは、ちゃんと正確なアクセントが載っています

「アクセント注意」の表記は、ターゲットの方が見やすいけどw

 

でも、そうね・・・
正確なアクセント、より
第一アクセントがしっかりした発音の方が
効率良いし、ちゃんと通じるし、いいかもしれない((

 

・・・ってことで、アクセントが第一しか記載してない、
分かりやすい鉄壁の方が、受験にはいいかなって思いました

目で見て、一発で「そこぉ!!」って確認できた方が覚えやすい

 

それと、コレは比較とは関係ないですけど

必ず、CDなどで「発音」を確認する時間を作ってね

・音がなきゃ、人はなかなか覚えられません
コレを読んでいる今も、脳で音を出しているはずです
どうせ脳で音を再生して覚えるなら、正確な音を覚えましょう

・今後はスピーキングの観点から、やっぱり、どうしても、
正確な発音が必要になります
急がば回れ、発音をしっかり確認しながら進めましょう

 

③例文の扱いが、本当に違う・・・!

コレは、ホントに、個人の好き嫌い!
どっちが使いやすいか、じっくり考えてみて!

↓ターゲット

ターゲットは、完全に
「単語」「意味」「例文」「和訳」
と、キレイに分かれています

例文を、例文として独立させて活用するのであれば
断然、ターゲットです

使い方は・・・

即効性を求めて、1単語1意味で周回、
ある程度定着したら、例文を活用しながら、
問題集を使いながら周回・・・って感じですかね

1単語1意味で、スピード感ある周回をするなら
最初は例文使わないかな・・・

構造的に、良い意味で例文を無視できる構造です

 

↓鉄壁

例文は完全に、意味のページに組み込まれています
ターゲットと違い、独立していません

単語を見て、意味を確認し、
例文で使用方法もチェックしながら・・・って感じです

ターゲットと比べたら、進みはずっと遅いでしょうねw
周回にものすごく時間がかかるので、
進め方に工夫が必要だと思います

挫折の可能性が高い、と言われる所以でしょう

 

1単語1意味で、ザクザク進めて行くなら、ターゲット

例文もチェックしながら、じっくり進めるのなら、鉄壁

 

ホント、コレは好き嫌い、相性です

「上位校目指すから『鉄壁』!」は、
あまりにも安易すぎる

 

しっかり、自分との相性を見極めるべきです

 

④併用できる問題集の有無

 

ターゲット→アリ
鉄壁→ナシ

 

私は、ガンガンアウトプット推奨派です
そう、単語ですらも・・・!

ターゲットの超使えるポイントは、
この、専用問題集だと思ってます

単語を、本当に、使える程度に覚えられたのか
しっかりチェックした方が、結果的に早い気がする

週末とか月末とか、定期的に単語のアウトプットもした方が良いと思ってる

 

そこまで推奨してる人、あんまり見かけないけどね・・・w

 

鉄壁は、問題も中に組み込まれています

アウトプットも、出来るっちゃ出来るけど・・・

この点においては、ターゲットの専用問題集のクオリティには勝てません

 

ただ、やっぱり、鉄壁のボリュームからすると
あの多大な単語量の、何をアウトプットで確認するの??
ってことになっちゃんだろうな、とw

 

即効性のターゲット、曲線で伸びる鉄壁

 

最初にも書きましたが、

周回できることが、一番です

 

単語を覚えるなら、それ以上でもそれ以下でもない

 

どうしても、上位校を狙うに当たって
鉄壁のボリュームが必要なのであれば

ターゲットを潰してから
鉄壁に行く、というのもアリです

 

単語に自信がない状態でイキナリ鉄壁に突っ込むと
しんどすぎて続かないかも知れない

単語帳は1冊、なんて決まりないしねw

 

ちなみに、ここからは、私の話

現役の時はターゲットでした

今は鉄壁で遊んでます()
鉄壁についてはコチラをどうぞ
鉄緑会「鉄壁」はやっぱすごいwのページ

 

仕事の関係で、ついこの前、
ターゲットを周回しなおしました

とりあえず、800の重要単語で200以上ミスりました

「えっ、ソレじゃなきゃダメ!!??」
「・・・ニュアンス同じだから、よくね・・・?」

そう、私には1単語1意味が、合わない

そして、ある程度英語が読めるようになると
1単語1意味が、逆に縛りになる

使いづらいったら、ない・・・

 

「ある程度、英語が読めるようになる」
それは

「英語を英語として読むこと」です

1秒未満で意味が出てこない単語には、
上に日本語で意味書いちゃうけど

前から読み進めて、日本語が基本、脳内に出現しない
英語が英語のままで理解することが出来る

参照:大学受験:英語スタートダッシュ!「英語を英語で」は1学期中に!!

 

目安として、センター英語は170~180、160は切りません
集中力的に190も無理です()

法政の過去問は、割と読めるというか、
多分合格ラインは突破してます

 

このくらいだと、ターゲットは逆にシンドイ
わざわざ、あえて「日本語にする意味」を問いたくなる

小一時間以上、問いただしたい

今は鉄壁が合ってる感じです

 

参考になりますかね

キミたちは、私のこのペースを
1年にぎゅっと凝縮して進めればいいんじゃないかな

 

ターゲット周回、出来は8割程度でOK
そこまでくれば、センター英語はもう読めるから(単語レベルのみ)

そしたら、鉄壁に乗り換える・・・

 

最初の①で触れた「自動詞・他動詞」も
確かにターゲットに記載はないけれど

文法の勉強も当然、同時並行でするわけだから
そこで充分カバーできる

いきなり鉄壁で問題無いならいいけど

自信ないならターゲット周回を先にしても全然アリ!!

 

あとは、やるか、やらないか

セルフコントロールの問題!

 

どっちも使える、いい単語帳です

「どっちが優れてるか」じゃなくて
まずは「自分」を知る方がいい

最適解を導くには、モノを比べるより、まず「自分」

 

焦らず、じっくりね!!!

 

 

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

新品価格
¥700から
(2019/1/21 03:48時点)

 

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

新品価格
¥2,268から
(2019/1/21 03:49時点)

 

さっきの、鉄壁のページをもう一度、念のため

鉄緑会「鉄壁」はやっぱすごいw

 

コレも参考にどうぞ

大学受験:英語スタートダッシュ!「英語を英語で」は1学期中に!!

センター英語、140点への道

コメントを残す